読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理念の浸透

こんばんは!

十条の芳賀です。
今読んでいる本の中で

人は過ぎ去った過去を悔やみ、苦悩する。

だが、いくら悔やんでも過去に時間を遡ることはできない。

私たちには過去を受け入れ忘れるという選択肢もある。

そして、済んだことは忘れ未来をより良く変えるという選択もできる。

とありました。
愚かな人は過去を変える。
賢い人は未来を変える。

過去は変えられないのに捉われてしまうんですね、過去に。
どうせならなりたい自分をイメージしてそこにたどり着く為に全力で行っちゃいましょうよ!
オベロンの理念は最幸の治療家になる為の前向きな助言がたくさん入っています。
過去に捉われそうになった時一度立ち止まって深呼吸して理念を読んでみましょうね
未来ならいくらでも変えられる!!!
やっちゃえ芳賀!でした。

 

 

遅くなりました!