読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切な

お元気様です!

 

火曜担当の丸谷です!!

 

 

 

理念と経営の本にこんな言葉がありました。

 

「お客様に仏様のような心、親のような心で接しなければならない」

 

以前、代表の言葉にもありました。

 

患者さんにしている行動、言動は大切な家族や大切な人に対しても同じことをしているか。

 

その言葉を聞いたとき、私ははっとしたことを今でも覚えています。

 

大切な家族や大切な人に対してだったらもっともっと親身に話を聞いて、もっともっと親身に治療をし経過を追っているかもしれない…。

 

私たちは大切な家族や大切な人達に囲まれ、支えられ、たくさんの援助を受け、今ここにいます。

 

それは同じくすべての患者さんにも言えること。

 

その患者さんを大切な家族のように、大切な人のように対応しているか?

 

その自問との出逢いから、私は患者さんに対する感情や対応が変わりました。

 

患者さんも私にとっては家族のような本当に大切な人。

 

じゃぁその方々にはどうなってほしいのか?

 

私はその方々をどうしたいのか?

 

常にその原点に戻る意識を持つようになりました。

 

 

意識が変われば行動が変わる。

 

 

皆さんはどのような意識で患者さんと向き合っていますか?