読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聴く

お元気様です!

 

火曜日担当の丸谷です!

 

 

最近読んでる本にこんな一文がありました。

 

 

日常の「聞く」以上に注意を傾けるという意味で「聴く」と表現され、さらに「傾聴」と呼ばれる。

 

 

聴くは心の耳で相手の話に耳を傾けること。

 

患者さんやスタッフと話しているときに「聞く」の比率が高いと、相手が本当に伝えたいことに気づかず、話をうんうんと聞き流してしまうことがあります。

 

「聴く」の比率が高いと、相手がどう感じ、どう行動し、何を得たのか、そこから何か新しい気づきがあったのか。

 

そして、今後のためにどう行動していくか。

 

それらに出逢うことができます。

 

「聴く」ことで滞在能力の開発や相手との信頼関係を築くこともできます。

 

 

答えは相手がすべて持っています。

 

まず、心で相手の話を耳を傾ける「聴く」で今まで出逢っていない事柄と出逢うことができるんですね。

 

 

皆さんは普段、どちらの「きく」で関わりを持っていますか?